ああ、生まれてきてよかった、と思える自分史

ああ、生まれてきてよかった、と思える自分史

この世界にただ一人しかいない自分。

その自分で、世の中を、灯台のように照らしたい。

そう思っています。

 

灯台のように土台をしっかりさせ、

光を照らすためには、

自分史を書くことが役に立ちます。

 

 

自分史というと、

エンディングノートのような印象が強かったり、

「強み」に特化してビジネス用に書くものだったり、

年表のように事実の羅列だったり、

そのようなイメージがあります。

 

 

でも僕が広めたいのはそのような自分史ではありません。

 

自分史は、

この世界にただ一人しかいない

「自分」という存在のオリジナリティを見出し、

誰かと幸せを共にすることで、

「ああ、生まれてきてよかった」と言えるような人生を送るためにある。

 

そのように思っています。