1日の終わりには、アプリのアイコンバッジをゼロにする

記憶力を頼って「今日やること」を把握してても、

どうしても漏れが出てきてしまいます。

 

僕は、ToDoリスト系のアプリに思いっきり頼って、

頭の中はできるだけ空っぽにするようにしてます。

覚えようとするよりも、

むしろどれだけ忘れることができるかにかけてるくらいです。

 

スマホのToDoリスト系アプリはいくつか使っていますが、

アイコンバッジを表示させるようにしてます。

アプリの右上に表示される数字です。

この数字があることで、

「今日はまだ、やることが残ってるな」と認識できるわけです。

 

パッと見てわかります。覚える必要はありません。

 

 

よくあることに、まだやることが残ったまま、1日を終えてしまうことです。

やることが残っていてもいいのです。ぜんぜんいいのです。

 

ただし、「明日に回すことを決める」「週末に回すことに決める」など、

ちゃんと先送りすることは必要です。

 

すべてのタスクを終わらせるなり、先送るなりしたら、

アイコンバッジが空っぽになります。

ここまで空っぽにすることで、

「ああ、今日も1日を、ちゃんと終えられたな」と安心することができるのです。

 

この安心感って、大事だと思います。

 

安心してこそ、ぐっすり寝られますしね。