ちょっと横になれる休憩室があるので、生産性が劇的に上がってる

ちょっと横になれる休憩室があるので、生産性が劇的に上がってる

最近、眠りが短くて困っています。

7時間は寝たいのに、6時間くらいで起きてしまうのです。

 

寝るのが21:30くらいなので、4時くらいには起きてしまいます。

やりたいことはたくさんあるので、「ラッキー!」なんて思わなくもないのですが、日中の生産性が落ちたり、長期的な健康を害したりしては、元も子もない。

始業時間までには、すでに4時間活動していることになり、なかなかエネルギーを消耗することになります。

 

 

 

救いなのは、うちの職場には、休憩室があることです。

これ、ほんと大事だと思います。

 

 

僕は出社するのも早いのですが、出社してしばらく仕事して、「あぁ、眠気があるな。午前中はもたなそうだな。」と感じたら、始業時間前に15分程度の仮眠をとります。

すると、劇的にスッキリ爽快!

少なくとも午前中は、バリバリと仕事をこなせます。

 

 

そして、お昼休みには、定例のお昼寝

これは、15〜20分くらい。

お昼寝によって、午後もまたバリバリと仕事ができます。

残業が発生したって、ある程度集中力が持ちます。

 

 

 

仮眠ができるのは、職場内に、休憩室があるからなんですね。

ちょっと横になれるスペースがあるからなんです。

 

もし休憩室がなくて、仮眠が取れなかったら…。

眠くて生産性は激減します。考え事が進まなかったり、発想が狭まったり、会議や研修でウトウトしてしまったり。

これは、時間の無駄。賃金の無駄。

 

 

 

僕が事業所を作るとしたら、職員のための休憩室は、かなり優先的に作りたいと思います。