胃にくるストレス元は、<申し訳なさ>と<叱責>です

胃にくるストレス元は、<申し訳なさ>と<叱責>です

僕は現在、仕事がうまくいかなくて、ずっと胃が締め付けられる状態です。

特に、胃がギュ〜〜っとなる場面というのは、2つあります。

 

申し訳ないと思う時

切羽詰まった状況の時、部下が上司の判断を仰ぎに相談に来ます。

そこで、なかなか判断ができないんですよね。知識や経験が不足しており、もともとゆっくりな性格なので、迅速な判断が苦手。

部下としては、自分が自信が持てるくらいの根拠を持った判断を仰ぎたいところ。

「上司のくせに、パニクってんじゃねぇ」と思っていることでしょう。

迅速に、重要な判断をしないといけない場面、知識も経験もない今は、きつくてきつくて、仕方ないです。

 

しかも、失敗も当然するわけで、そうするとなおさら、申し訳ないと思うのです。

「僕は、ここにいていいんだろうか?」と思ってしまいます。

 

 

叱責される時

 

漏れや誤判断があれば、誰かしらには迷惑がかかります。不都合が発生します。

上司や同僚からは、叱責されることがありますね。ま、当然のことといえば、当然のことです。

たまに、部下からも突き上げがあります。言葉としては出なくても、非常に冷めた表情であきれ顏をされることもあります。

 

やっぱり、責められるというのは、きついことですね。

申し訳ないと思っていることに加え、叱責されたり、責められると、さらに胃が痛くなります。

 

 

胃が痛くなる、ということ

それにしても不思議なのは、なぜ、過剰なストレスがかかると胃が痛むのかということです。

心と体の仕組みが、不思議です。

 

そして胃が痛むという僕の精神状態は、どういう感じなんですかね?

心配したほうがいいのか、たいしたことないのか。

とりあえず、かみさんや仲間には、グチるようにしています。

 

CATEGORY :