RECENT ARTICLES

元号と<しおり>によってつむがれる自分史
タスク管理で有名な大橋悦夫さんが、 「日記は、時間の流れに、しおりをはさむようなものです」 とおっしゃっていました。   さらに、 タモリの名言と重ね合わせると、 より一層「時間」の捉え方が立体的になります。     タモリが言っていたことはこうです。 「西暦がページ数だとすれば元号は日本...
早く家に帰ることで夫婦の会話が増える
会社から早く帰宅すると、 なにがいいかって、 夫婦で話す時間が増えることです。   夫婦というのは、 家庭をともに過ごしている仲間ですから、 大きな課題から、 細々としたことまで、 いろいろ話さないと歯車がギスギスしてしまいます。   ひっかかることが多ければ、 一緒に過ごすのが苦痛になってきます。...
お風呂に入ると肌が緩んで気持ちいい
肌っていうのは、 いつも緊張しています。   人を構成するたくさんの液体や肉や骨などを、 崩れないようにガードして、 一つのまとまりとして保っているからです。   内側からの圧力を受け止め、 外側からの危険から護る。 肌ってすごいですよね。     お風呂に入った時に気持ちよく感...
子育て支援というより、次世代支援
「子育て支援」という言葉は、 「子どもを育てている真っ最中の親」だけが対象になりがちです。 子どもを育てていない人、 子どもを育てている状態では無い人、 にとって、どこか他人事のような響きを感じられます。     でも、 「次世代支援」という言葉にすれば、 社会の維持に必要な概念となり、 今現在、子...
「普通の生活」こそ大事/漫画『前科者』香川まさひと・月島冬二
人生の成功というと、 キラキラするような情景を思い浮かべるかもしれません。   人生の成功というと、 大活躍してウキウキしている場面が湧いてくるかもしれません。   僕が大事にしたいのは、 日常 です。   地味ですかね? 輝いてないですかね?   サラリーマンであっても、 非行...
居場所の存在が、犯罪や非行を減らしていく/漫画『前科者』香川まさひと・月島冬二
最近、保護司という活動に、 興味が強くなっています。   保護司は、犯罪者や非行少年が、 地域でなじんでいくために働きかける、 司法福祉と社会福祉をつなぐ存在です。   昨日、保護司をテーマとした漫画と出会い、 さっそく読んでみました。   面白いですね。 保護司の活動って、こんなに濃いの...
大人になっても、やはりぐずる
生まれて間もなく、 何の言葉も話せない赤ちゃんは、 自分の不快感を表現するのに、 泣くしかありません。   親はそこで頭を巡らし、 「お腹減ったのかな?」 「うんちが出たのかな?」 と思いやります。     小学生になってからもその傾向はあり、 子どもが何か言うこと聞かなかったり、 ぐずっ...
突き動かされる感情をコントロールする自分史
人がもっとも突き動かされるのが、 「理屈を超えた感情」です。   感情が揺さぶられる時に、 動きが生じます。     でも、感情に突き動かされた行動は、 コントロールしがたいものです。   感情を受け止め、理解しないと、 振り回されてしまいます。 衝動的な行動が続いてしまいます。...
自分史は、しっかりした目的を掲げつつ、目的を忘れて書く
僕は、自分史が好きです。 人生の価値観を底支えしてくれる存在です。   コーチ・コンサル・カウンセラーの 思考の中で生み出される回答より、 目の前に文字としてあり続けてくれる自分史の方が、 いつでも立ち戻れる安心感があります。     でも、自分史を書き終えるには、 けっこうなエネルギーが...
ScratchとExcelというプログラミングツールでいい感じに楽しむ
僕はもともと、IT関係に触れるのが好きです。 誰からも求められていないのに、 「ITパスポート」という国家資格を取得しています。     今現在は、プログラミングということに関心が高まっています。 できなかったことが、簡単にできるようになる、 魔法のツールのようなところが魅力です。   &...
放課後等デイサービスは、助かるわ
我が家には、子どもが3人います。 そのうち、下の2人は、発達障害を持っています。   一番下は、4歳で幼稚園の年少。 自閉傾向が強めです。   年齢が低いことと、 危険認識が甘いこと、 切り替わりが難しいこと、 いろいろあって手がかかります。     平日も、放課後等デイサービス...
子育て支援と次世代支援
「子育て支援」という言葉は、 「子どもを育てている真っ最中の親」だけが対象になりがちです。 子どもを育てていない人、 子どもを育てている状態では無い人、 にとって、どこか他人事のような響きを感じられます。     でも、 「次世代支援」という言葉にすれば、 社会の維持に必要な概念となり、 今現在、子...
ちゃんと先延ばしをする立派な技術
「先延ばしをする」というのは、 一つの技術です。   先延ばしすることによって、 事態が大きく悪化してしまっては良くないですが、 先延ばしをしても影響が無いか、小さい場合、 先延ばしをして、他の緊急タスクに取り掛かる方がGoodのことがあるのです。   緊急タスクに取り掛かることで、 未来のトラブル...
家族といる時に、時間と空間が溶け合って混ざる感覚
家族と過ごしていると、 自分の時間も家族の時間も、 自分の空間も家族の空間も、 溶け合って混ざるような感覚になることがあります。   特に、「目的なくただ過ごしている時」に、 そのような感覚になることがあります。     自分のやりたいことに関心が向いている時ほど、 時間も空間も自分のもの...
時間の使い方とは、命の燃やし方
時間というのは、 僕たち人間にとっては、 生まれてから死ぬまでに、流れていくものですよね。     同じように、 「生まれてから死ぬまで」に流れるものがあります。   それは、命です。     つまり、 時間の使い方を考えるということは、 命の燃やし方を考えるということ...