俺が間違いなく72歳になる、2050年。地域に安心と活力と経済を生み出す泉になっていたい。

俺が間違いなく72歳になる、2050年。地域に安心と活力と経済を生み出す泉になっていたい。

2050年は、そのうちやってくることは決まっている。

その時、俺は72歳になっていることも決まっている。

これは、単純な足し算で導かれる事実。逃れようもない。

 

 

そこで、どのように生きていたいだろうか

 

平均寿命が90歳になるというから、70歳でもまだ20年は生きる。

引退するには、早いだろう。

20年ものんびり生きていたくはない。

 

 

でも、好きなことをやっていたいな。

70歳までには、自分の会社というか、事業所をもっていて、「この地域に、この事業所あり」と言われていたい。

その事業所は、たくさんの高齢者や、子育て家庭や、ひきこもり若年や、小・中学生の放課後に慕われ、土地の安心や活力の泉になっていたい。

世界中が、金融恐慌や、食糧危機や、自然災害や、紛争などで荒れ、俺の身の回りでも貧しく、困窮した人々が溢れようとも、「ここに来れば、食えないことはない。働けないことはない。楽しめないことはない。安心しよう。元気になろう。」そう言えるような、場所であってほしい。

 

僕はやっぱり福祉職だから、社会福祉の視点を持ちながら、でも経済をうまく循環させて、「どんな人でも活躍する場所があるんだ。できることがあるんだ。どんな状況でも、できる限りのことをやって生きていこうぜ。」そういうメッセージを発し続けたい。

特に、ものづくりやITやライフハックが好きなもんだから、そういう技能を活かせば、なんとかなるんじゃないのかな。

 

あとは、やるだけだ。