【自分史】vol.56 「当時の目標」を書くときは、「◯◯したい」と現在進行形で書くと、当時の熱い想いが蘇る

【自分史】vol.56 「当時の目標」を書くときは、「◯◯したい」と現在進行形で書くと、当時の熱い想いが蘇る

現在、阪井裕樹さんに受けている自分史コンサルの中には、

 

当時の目標はなんでしたか?

 

という質問項目があります。

 

 

そのとき、

過去のことなのでどうしても、

 

「◯◯したかった」

 

と過去形で書いてしまいます。

 

 

すると、

意識の中でも「もう終わったこと」として、

あまりエネルギーが湧いてこないんですよね。

 

 

そうではなく

「◯◯したい」

と、当時の自分に成り代わって現在進行形で書く

当時の熱い想いが蘇ってきます。

 

 

当時の熱い想いの中には、

譲れない価値観、

ワクワクの源泉が

たっぷり含まれているので、

いいエッセンスになります。

 

 

 


ノート3冊分の自分史を使って起業エンジンを見つけ「集める」のではなく「集まる存在」に変化させる起業エンジンメーカー阪井裕樹さんのブログサイトはこちら

『起業エンジン』のつくり方。
『起業エンジン』のつくり方。
short : https://goo.gl/VVCH8n
CATEGORY :
TAG :