自分史は、年輪のように書いていく

自分史は、年輪のように書いていく

自分史は、年輪のように書いていくものです。

 

年輪の中心には、

「最も感情の動いた出来事」

があります。

 

この

「最も感情の動いた出来事」

は、記憶がみずみずしく、

特に資料がなくても、容易に思い出せます。

 

年輪のコアとなるものです。

 

ここから書き始めるのが、

最も書きやすく、楽しい自分史になります。

 

 

 

自分史の年輪は、

コアの部分から少しずつ、外に拡がっていきます。

中心に近いほど、

感情が動いた出来事です。

中心から離れるほど、

感情とは別の出来事になります。

 

感情とは別とは言っても、

あなたを構成する大切な要素です。

 

 

ただ、感情から離れるほど、

思い出すのに工夫が必要になるので、

資料があったほうがいいですね。

 

野口悠紀雄が『『超』自分史ガイド』の中で触れている

「年表」を作成するのもいいでしょう。