自分のはたらきで世の中をよくするために、「尖っているもの」を発信する

自分のはたらきで世の中をよくするために、「尖っているもの」を発信する

せっかく生まれてきたのだから、

この世を少しでも良くしてから死んでいきたい。

それでこそ、僕が生まれてきた甲斐があったというもの。

 

そのように思っています。

 

 

世の中を良くするというのは、

仕事をするということ。

 

報酬が発生するのも、発生しないのも含めて、

家事も育児も含めて、それは仕事です。

はたらくということです。

 

普通に仕事をしていれば、

充分にはたらきを及ぼしていると言えます。

 

 

それでもなお、

僕にしかできないことを、

自分がリーダーとなって、

はたらきかけていきたい。

 

職場を超えて、

インターネットに広がりを持って、

世の中を良くしていきたい。

 

 

そのためには、発信をしなければなりません。

発信が、人々に届かなければいけません。

受信する誰かがいなければ、影響が響いていません。

 

情報のあふれる現代に、

僕の発信を受け止めてもらうには、

かなり尖らせないと、刺さらないでしょう。

 

刺さるためのトゲとは、言い換えれば、

自分らしさです。

 

自分らしい生き方をして、

その考えや行動を、発信していきたいと思います。