自分紙を書く時は、かつて親しんだ行動にも触れてみる

自分紙を書く時は、かつて親しんだ行動にも触れてみる

休日に、子どもと公園で虫取りをしていました。

 

そうしたら、ふと、自分が子どもの頃に、

よく虫取りをしていた記憶が蘇ってきました。

 

その記憶というのは、

カマキリとイナゴを一緒に捕まえて、

捕食する姿を観察するという、

まあ、無邪気というか、子どもらしいというか、

という記憶でした。

 

 

この記憶は、

子どもと虫取りをしていたからよみがってきた記憶です。

 

もし、たった一人で同じ公園を、

歩いたとしても、

自分が子どもの頃虫取りをした記憶は、

蘇ってこなかったでしょう。

 

 

自分史を書く時は、

かつて自分が身を置いていた場所、

かつて自分が親しんだ行動、

そういったものに触れることで、

記憶がよく蘇ります。