突き動かされる感情をコントロールする自分史

突き動かされる感情をコントロールする自分史

人がもっとも突き動かされるのが、

「理屈を超えた感情」です。

 

感情が揺さぶられる時に、

動きが生じます。

 

 

でも、感情に突き動かされた行動は、

コントロールしがたいものです。

 

感情を受け止め、理解しないと、

振り回されてしまいます。

衝動的な行動が続いてしまいます。

 

 

理屈を超えた感情を受け止め、

言葉を与えて理解し、

自分の行動をうまくコントロールさせてくれるもの。

 

それが、

自分史というものです。

 

自分史を書き、深く理解することで、

生き生きとした行動が生み出されるのです。