大人になっても、やはりぐずる

大人になっても、やはりぐずる

生まれて間もなく、

何の言葉も話せない赤ちゃんは、

自分の不快感を表現するのに、

泣くしかありません。

 

親はそこで頭を巡らし、

「お腹減ったのかな?」

「うんちが出たのかな?」

と思いやります。

 

 

小学生になってからもその傾向はあり、

子どもが何か言うこと聞かなかったり、

ぐずったりする時は、

お腹が減っていたり、

眠かったりすることが往々にしてあります。

 

 

では、大人になってからは・・・?

うん。ありますね。

大人もやっぱり、お腹が減っている時とか、

眠い時とかには、

機嫌が悪くなるものです。

 

なんだか無性に機嫌が悪かったり、

虫の居どころが悪かったり、

子どもにキツく当たってしまう時は、

「あ、自分は今、お腹減ってないかな。

 眠くないかな。疲れてないかな。」

自分の状態を改めて認識してみると、

「子どもが悪いんじゃなくて、自分の状態が悪いんじゃん♪」

なんて思えるかもしれません。