居場所の存在が、犯罪や非行を減らしていく/漫画『前科者』香川まさひと・月島冬二

居場所の存在が、犯罪や非行を減らしていく/漫画『前科者』香川まさひと・月島冬二

最近、保護司という活動に、

興味が強くなっています。

 

保護司は、犯罪者や非行少年が、

地域でなじんでいくために働きかける、

司法福祉と社会福祉をつなぐ存在です。

 

昨日、保護司をテーマとした漫画と出会い、

さっそく読んでみました。

 

面白いですね。

保護司の活動って、こんなに濃いのかな〜って思っちゃいました。

漫画のキャラやストーリーとして、

際立つように描かれているんだろうけど、

様々な人間模様で、

一筋縄ではいかないってところが、

いっそう惹かれます。

 

特に惹かれたのが、この場面です。

 

僕は福祉職でもあるのですが、

福祉って、生きるを支える仕事だと思うんですよね。

でも、支えてるのは福祉の仕事ばかりではなく、

医療や保健だけでもなく、

スナックだとしても、支えているんです。

 

いろいろな人に、

いろいろな居場所ができると、

いい世の中なのだと思います。