【自分史】vol.36 自分史にもカラーバス効果があるので、掘り下げが進む

【自分史】vol.36 自分史にもカラーバス効果があるので、掘り下げが進む

カラーバス効果というのは、

心理学用語のひとつに、カラーバス効果と呼ばれるものがあります。

これは「自分が意識していることほど、それに関係する情報が自分のところに舞い込んでくる」

という現象のことを指します。

本日の朝礼は「カラーバス効果」です。 | 『月刊朝礼』コミニケ出版

というものです。

 

 

 

自分史においては、

 

 

自分が大事にしてきた価値観

時代を超えて共通している判断軸

 

というものが見つかってくると、

だんだんその価値観や判断軸について、

自分史の中から掘り出しやすくなってくる

という現象として起こってきます。

 

 

 

自分史を1周書いただけでは、

見過ごしてしまうことがたくさんあるんですよね。

 

それが2周目となれば、

カラーバス効果も手伝って、

どんどん掘り起こすことができるのです。

 

 

 


ノート3冊分の自分史を使って起業エンジンを見つけ「集める」のではなく「集まる存在」に変化させる起業エンジンメーカー阪井裕樹さんのブログサイトはこちら

『起業エンジン』のつくり方。
『起業エンジン』のつくり方。
short : https://goo.gl/VVCH8n
CATEGORY :
TAG :