【自分史】⑤同じ記憶でも、意識するキーワードによって、自分の中での意味合いが変わってくる

【自分史】⑤同じ記憶でも、意識するキーワードによって、自分の中での意味合いが変わってくる

自分史の作成は、2周目に突入しています。

 

2周目は、1周目で発掘したキーワードを軸に、

再び自分史を作り直します。

 

 

2周目なので、

1周目の記憶と重なる部分もたくさんあります。

 

でも驚いたのが、

同じ記憶なのに、自分の中で意味合いが変わってくる点です。

自分というモノを理解するにあたって、

解釈が変わってくるのです。

 

「こんなにダメだった自分・・・」

が、

「このような特徴が、のちに強みになった・・・」

と変わるのです。

 

 

過去は変えられません。

でも、解釈は変えられます。

そして自信になり、

誰かを助ける力にもなるのです。

CATEGORY :
TAG :