ミス発生!議題を漏らしてしまいました。メモ帳の見返しはちゃんとやろ。

 

ミスっちゃいました。

 

自分が中心的になって進める会議で、レジュメをあらかじめ作っておいたのですが、議題を漏らしちゃったのです。

 

会議の場で、

「前回のあの件、どうなってる?」

と訊かれ、

 

「・・・・・・忘れてしまいました。」

 

と答えざるを得なかったのです。

 

 

 

なぜ議題を漏らしたか

 

漏らしてしまった議題は、メモ帳の片隅に書いてありました。

それを見逃していたのです。

それが、漏らしてしまった原因です。

 

 

メモ帳に書くこと自体は、問題ないのです。

むしろ、ベストプラクティスです。

 

問題は、メモ帳を見返していなかった、という点にあります。

 

 

 

情報は1冊のノートにまとめる

 

仕事をしていると、メモが大量に発生します。

以前の僕は、メモをペタペタと机の周りに貼っていました。

 

でもそれだと、ついつい視界に入ってしまい、集中力を削がれます。

また、デスクの作業スペースが少なくなったりします。

そしてメモが多すぎると、単なるオブジェと化して、貼ってある意味が無くなります。

 

そうした事態を防ぐため、すべてのメモをノートに貼るようにしました。

 

 

あるいは、口頭でやりとりして記録したメモや、自分で考察してて思いついたメモも、すべて同じノートに書いています。

 

 

情報は、1冊のノートにまとめているのです。

これは、おススメの方法です。

 

 

【ふくタス】机の周りから、メモ紙をなくすノート術 | Big yesな日々をプロデュース

 

 

 

見返しをしていなかった

 

今回の問題は、見返しをしていなかったということです。

 

情報はすべて1冊のノートに集約しているため、大小さまざまな情報がノートにあります。

緊急で重要なものも、どうでもいいことも、同じノートです。それは別に問題ありません。

 

だからこそ、ノートはかならず見返し、その情報をどうするのか処理しなければならないのです。

そうしなければ、大事な情報も漏れてしまいます。

 

いいわけですが、今回の会議前には、子どもが熱を出して急に2日休んだり、出張が重なったりして、いつものルーチンがおろそかになっていました。

いつものルーチンの中に、「メモ帳を見返す」とあるのですが、飛ばしてしまったのです。

 

 

非常に反省しましたね。

 

ルーチンはおろそかにせずに、きちんとこなす。

メモ帳は見返して処理する。

 

それがベストプラクティスなんだから、きちんと踏襲したいと思います。