ちょっとした長めの文面を、数人にメモ紙でいっぺんに配りたい時に使えるWordの機能

ちょっとした長めの文面を、数人にメモ紙でいっぺんに配りたい時に使えるWordの機能

 

ちょっとした長めの文面を、何人かにメモ紙でいっぺんに配りたい時ってありますよね。

福祉現場だと、みんながパソコンを触っているわけじゃないし、ましてや毎日メールをチェックしてるわけじゃありません。

伝達方法は、圧倒的に口頭や紙で行います。

 

「ああ、メールで一斉送信できたら、楽なのになぁ。」と思うことはしばしばあります。

僕はコーディネーターの役割なので、意見収集や意見発信のために、伝達の機会は多いです。

伝達のために使うのは主にメモ用紙。バンバン書きます。

 

 

普通にWordで、コピペする

 

でもたまに、メモ用紙に手描きで書くには、ちょっと長めの文面を伝えたいことがありますよね。しかも、そういう時に限って、複数人に渡したかったりします。

 

そういう時は、知る人ぞ知るマイクロソフト社の「Word」が活躍します。

 

Word

Word

 

Wordを使っている人はものすごく多いと思います。

 

そして、このように文章を書いたあと、「文章を全部選択して、コピペする」という方法も、思いつく方はいらっしゃると思います。

word2

 

そして、プリントした後に切って、各人に配布する。

 

 

これでもいいのですが、切るスペースを開けるために「Enter」を連打して調整したり、何回コピペできるか分からなかったり、切ったあとがうつくしくなかったりして、どうも具合がよくないんですよね。

そのやり方は、好きではありません。

 

 

 

テキストボックスを使う

 

僕は、「テキストボックス」を使います。

 

「挿入」タブをクリックすると、「テキストボックス」というメニューが出てきます。

word3

 

 

そこで、「シンプルテキストボックス」を選ぶと、こんなものが出てきます。

word4

これが、テキストボックスです。

 

 

で、テキストを書きこんで、

word5

 

 

コピペする。

word6

切る位置も考えながら等分できるし、ビューティフル。

 

 

 

もし、テキストボックスの配置がうまくいかなかったら、テキストボックスの上で右クリックし、「文字列の折り返し」から、「外周」あたりを選ぶと、どこにでもテキストボックスが移動できます。

word7

 

 

 

さいごに

 

テキストボックスは、文面に置くパーツのようなものです。

だから、位置を自由に移動できます。

 

「ああ、手書きがめんどくさい!」という時や、「文字をうまく配置したい!」という時には、便利だと思います。

 

 

周りの枠線を、点線にすることもできるし、無くしてしまうこともできます。

そういったこともできるので、ちょっと遊んでみてください。

 

 

CATEGORY :
TAG :