子どもといる時、子どもに戻る。大人の輪郭が呆ける時もまた、子どもに戻る。

小さい子供とマジで遊んでる時って、他人に見られるのが恥ずかしいんですよね。

子供が楽しめるよう、こちらも本気を出して遊ぶと、「いつもの自分じゃない自分」がぐぐ〜っと出てきて、はっちゃけます。

 

「いつもの自分じゃない自分」を他人に見られるのって、恥ずかしいですよ。

「あれ?あの人、ああいうことするんだ…」って思われるのが。

 

でも、他人に見られたくないくらい、思いっきり子どもと遊んでる時って、楽しくないですか?

それは、自分が子どもになっているからです。

社会的な立場や責任や重荷から解放されて、子どもに戻っているからなんです。

 

「素の自分」

 

といってもいいでしょう。

 

大人は、いつも大人としての振る舞いを求められます。

それは、緊張を身にまといます。

その緊張がほぐれたとき、子どもに戻るのです。

いくら大人になっても、いつでも内側に、子どもを抱えているのですね。

 

子どものおかげで、大人の中の子どもがシンクロし、子どもに戻らせてくれているのではないでしょうか。

 

 

 

そして実は、年を多くとり、人間的な変容として、「大人」の緊張からほどかれる時、その時もまた人は子どもに戻っていくのです。

それを現代では、認知症と呼びます。