埼玉県で、起業したいと思っています。 <福祉/農業/IT/ものづくり>

埼玉県で、起業したいと思っています。 <福祉/農業/IT/ものづくり>

僕は、生まれも育ちも埼玉県です。

現在は、仕事に縁があって神奈川県に来ていますが、これまで僕を育んでくれた埼玉県という場所には、感謝しております。

 

 

この「生まれ、育ったことの感謝」という気持ちはぬぐいがたく、どうしても「恩返ししたい」という気持ちにつながります。

一方では、「恩送り」という考え方があることも知っています。「受けた恩を、別の人や別の場所に返す」ということです。

別に特定の土地に執着することはないのです。

 

でも、やはり僕の心境としては、「埼玉県への恩返し」という気持ちが強いのです。

これは、愛着と呼ぶべきでしょうか。

 

 

 

僕は、学生時代からずっと福祉の仕事をしていまして、福祉の世界は面白いと思います。

一方で、ものづくりとか、ITとか、農業といった世界も、確実に面白いと思っています。

 

福祉の視点から見て、これからの超高齢化社会や人口減少、貧窮する子育て家庭など、様々な問題が目白押しです。

そういった課題に対して、ものづくりやIT、農業といった分野をつなげて、解決に結び付けていけないかなと考えています。

人、植物、動物などが、豊かに結びつき、ゆるやかに共生でき、事業としても成り立つ。

そのような事業を起こしたいと思っています。

 

 

今は、自分に許された時間で、身近な範囲で、プチスタートをし続けているところです。