50歳は、起業に最適だと!? / 出口治明 『「働き方」の教科書』

 

うちの家族もお世話になっているライフネット生命の創業者 出口治明さんが、働き方について語っております。

 

その中で、ガツンと得られたことを3つだけ取り上げようと思います。

 

 

50歳は起業に適している

 

起業といえば、若いうちにやらないとできたもんじゃない、と思っていました。

世の中には、35歳限界説というのもあるらしいです。

 

しかし出口さんは、50歳が適しているとおっしゃいます。

 

なぜなら、

  • 自分の行く末が見えている
  • 子どもの行く末も見えている
  • お金や人に目利きがある

 

というメリットがあるからです。

 

そうなんですよね。

自分はともかく、「家族を守らないと」という意識が強いので、起業に踏み切れない気持ちは分かります。

でも、自分が50歳の時は、子どもはもう大学生くらいですかね。

大学までいけば、金銭的にはあまり心配ないでしょう。

 

50歳までは、今いる会社で、できる限りの貢献をし、能力も身につける。

そして、50歳で起業するのもいいかもしれません。

 

ちなみに、出口治明さんがライフネット生命保険を起業したのは、60歳だそうです。

 

 

 

会社選びは、結婚相手選びと同じ

 

結婚するのに、何億人も比較検討するわけではないですよね。

地球上には10億人以上の異性がいるにもかかわらず、非常に身近な人を運命の人と決め、結婚するのです。

 

就職も同じで、地球上には数多の会社があるにもかかわらず、とある仕事を選ぶのです。

縁があったのです。

たまたま縁のあった会社と、相性がよければ、それでいいのです。

結婚と似てますね。

 

縁のあった会社で、成果を上げながら、武器を身につけるというのは、いい線だと思います。

 

 

 

 

喜怒哀楽の総量を最大化し、悔いなし遺産なしの人生を送る

 

出口さんの人生論でいいなぁと思ったのは、楽しいことばかりを幸せにつなげないことです。

 

喜怒哀楽の総量

 

これが、幸せの量なのです。

哀しいことが100と、楽しいことが100では、プラスマイナスゼロ。というわけではありません。

哀しいことも+100

楽しいことも+100

だから、200の幸せなのです。

 

苦労も、やがてはいい思い出であり、充実した人生のスパイスということです。

 

 

喜怒哀楽が盛りだくさんの人生のために、お金もしっかりかけて、悔いなし遺産なしの幸せな人生はけっこういいなと思いました。

 

 

 

さいごに

 

いろいろと守るものもあるけど、ぼちぼち好きなこともやって、チャレンジングな人生にしたいです。