安定したサラリーマン生活を崩してまで、起業したいと思うの?

安定したサラリーマン生活を崩してまで、起業したいと思うの?

現在私は、

サラリーマンをやりながらも、

起業して独立することを目指しています。

 

独立するためには、

様々なチャレンジが必要です。

 

チャレンジするためには、

犠牲も必要になってきます。

 

犠牲は、痛みです。

 

そのような痛みストレスに、

自ら突っ込みながらも、

チャレンジを継続するというのは、

なかなかハードなものです。

 

 

サラリーマンというのは、

「仕事が与えられ、ルールが与えられ、給料が与えらえる」

という面から見れば、

安定しています。

 

安定しているからこそ、

起業に向けた目標を設定しても、

それを必ずやる必然性が薄れ、

ストレスの前には目標が霞んでしまいます。

 

何せ起業へのチャレンジをしなければ

ストレスはなくなり、

「サラリーマンであることへの安定」

に向けて時間も、意識も、お金も

使っていくことができるのですから。

 

その安定を崩してまで、

起業はやり遂げたいことなのか?

そこが問われているところです。

 

それは、

自分は何者なのか?

というアイディンティティに関わることなのです。

CATEGORY :
TAG :