考えたことは、残しておこう。紙1枚でできる思考の効率化。

僕は、会議や来客やイベントなど、予定はすべてプロジェクトシートというものを作成しています。

 

プロジェクト!

というと、何かどでかいことのように感じますが、それはまあ、考えようです。

会議や来客やイベントなど、僕の場合、予定はすべてプロジェクトと捉えています。

 

 

そして、プロジェクトシートとは、なんてことはない、ただの1枚の紙です。

 

 

紙と言っても、実際には、「Wordのドキュメント」だったり、「Evernoteのノート」だったりしますが、考え方としては、1枚の紙です。

この1枚が、大事なのです。

 

 

 

 アウトラインプロセッサで思考の整理

プロジェクトシートには、とにかく考えたことを書き出します。

書き出すうえで便利なのが、WordやEvernoteには、アウトラインプロセッサ機能があることです。

箇条書きみたいなやつ。

 

これ、重要。

 

 

どうやら人は、大まかなイメージからつかんで、どんどん細かいところまで追いかけていくほうが、アイデアが出やすいみたいです。

大分類-中分類-小分類、みたいな。

 

これをサクサクするためにお手伝いしてくれるのが、アウトラインプロセッサです。

 

 

例えば、僕は今度潮干狩りに行きたいので、潮干狩りの準備をプロジェクトシートに書き出しています。

ツールは、Evernote。

潮干狩り

 

このように、段落で分けられるんですね。

自動で段落をつけてくれます。

改行しても、カーソルがいちばん左に移動せず、きちんと段落までで止まります。

 

だから、どんどんどんどん細かく追っていけるんです。

 

書き出した後に、追々段落をつけていくことも可能です。

 

アウトラインプロセッサは、思考がはかどります。

 

 

 

思考プロセスも残す

このようにプロジェクトシートを作る利点は、思考の整理が驚くほどはかどる、ということだけではありません。

思考プロセスが残る、という点も非常に大きなものです。

 

人は忘れっぽいので、以前に考えたことも、けっこう忘れてしまいます。(少なくとも僕は)

で、また同じようなことを考えたり悩んだりしています。

たとえ、前日に考えたことでも、書いておかなければ、けっこう忘れているものです。

 

忘れたがゆえにまた同じことを考えてるんなら、一歩も進んでないじゃないですか。

時間の無駄です。

 

だから、思考プロセスをデータで残しておくことで、「また同じことを考える」という無駄な時間を減らせます。

 

 

また、思考プロセスが失われると、「あれ、なんでこれをやるんだっけ?」と、それを実行する意義も失われることがよくあります。

本当はよくよく考えたうえでやることを決めていたのに、「なぜそれをやるのか?」が見えなくなると、簡単にやめてしまうものです。

そして、後悔する。

後悔した後に、「そうか、そういうことだったのか…」なんて思い出したりして。

それも、もったいない。

 

 

 

まとめ

ということで、

 

  • 思考の整理が驚くほどはかどる
  • 思考プロセスが残る

 

この2点があるだけでも、プロジェクトシートの作成は、おススメします。

Evernoteでもできるし、Wordでもできます。紙1枚でもできます。

つまり、お金がかかりません。

 

 

 

IMG_6446

Evernoteの登録はこちらからどうぞ!→ ここから利用登録すると、あなたと僕に、Evernoteプレミアムがプレゼントされます☆