1日に支給される24時間は平等で、1生に支給される総時間量はとても不平等。

何にどのくらい時間を使ったのか。
時間簿を付けていると、1日は24時間だということが、そして何をするにも時間を消費するということが、分かります。
つまり、24時間でできることは有限なのです。

僕はやりたいことがとても多くて、時間のなさに毎日悩んでいます。
そして、ほとんど毎日、納得しています。
今日やるべきことをやったな、と。

納得することは、非常に大事です。
僕がタスク管理を始めてから、どうにも寝つきが良くなったのは、きっと毎日納得してるからでしょう。

時計の針が0:00を回ると、すべての人に平等に、24時間が支給されます。

しかし、一生に支給される総時間量は、不平等です。
いつ死ぬか分かりません。

数日しか生きられない人、100年生きる人。

自分に支給される総時間量は、あとどれくらいなのでしょう。

安らかに眠れるかどうかは、自分の人生に納得しているかどうかで決まります。

納得。そう、人生にYESと言えるかどうか

どうせなら、大きくイエスと言いましょうよ。

Bigなyes

それをプロデュースするのが、僕の使命です。
ブログのタイトルにもなっています。

まずは、今日1日。
イエスと言えましたか?

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA