レディメイドの世界に、オーダーメイドで挑む

レディメイドの世界に、オーダーメイドで挑む

人は生まれ落ちたところの、

レディメイド(既製品)の世界に生きていきます。

人が生きるもろもろがすでに用意(ready)されているのです。

用意されているから、人は生きていけます。

 

ところが、

人が長じていくに従って、

用意された環境に「ひっかかり」を感じるようになります。

なんかおかしい。

なんか生きにくい、と。

 

そこで、オーダーメイドの環境を求めるようになります。

 

 

レディメイドとは、他人を主体に整えられたもの。

オーダーメイドとは、自分を主体に整えていくもの。