ディスオーダー(障害)と生活秩序の関係

ディスオーダー(障害)と生活秩序の関係

日本語で「障害」と訳される言葉の中に、

ディスオーダー(disorder)という言葉があります。

 

order は、秩序、順序、整列などの意味です。

dis は、その後に続く言葉を、否定する言葉です。

つまりdisorderは、「無秩序、乱れ」などを意味します。

 

 

人間は、秩序がないと生きていけません。

人がうまく生きていくために、

生活秩序(オーダー)が組み編まれてきました。

人は、オーダーの中に生まれ落ち、

オーダーに従い生きていくのです。

 

しかし、既存の生活秩序は、

あらゆる人に適応できるわけではありません。

どこかしら、ズレや違和感を感じるものです。

 

既存の生活秩序(オーダー)からあまりにもズレる(ディス)と、

「この人は、ディスオーダーだ」と呼ばれます。

 

問題は、

オーダーに適応できる人から見たら、ディスオーダーということであって、

ディスオーダーと見なされた本人にとっては、周りこそディスオーダーなんですね。

それを証拠に、

いわゆるディスオーダーの人を中心に作られたレストランでは、

いわゆる健常者の方が、過ごしにくいのです。