新型コロナウイルスの変異という事態を受けて大事にすべき常識

新型コロナウイルスの変異という事態を受けて大事にすべき常識

2019年末から騒がれている新型コロナウイルス。

僕は、騒がずに生活してきました。

コロナの勉強は、ずっとし続けてきましたけどね。

 

日本において被害が驚くほど少ないのは、

国際的な地域差から考えて、

「アジア地域には、土着のコロナウイルスによる免疫が備わっており、

その免疫が新型コロナウイルスにも効いている」

という説を支持してきました。

あらゆる感染症には、地域差がありますから。

 

その結果日本においては、

新型コロナウイルスは、インフルエンザウイルスよりも、リスクが低い。

ということになっていたんですね。

 

ところが、

その「もともと日本人が持っていた免疫」が効かない変異が現れているとのこと。

デルタ株。

感染しやすいとのこと。

 

さて、どうしましょうかね。

慌てない、慌てない。自分で考えていきましょう。

騒ぐのが商売の方々に、振り回されないように。

 

感染が広がること自体は、脅威ではありません。

重要な指標は、重症化率。そして、年齢層などの、罹患しやすい特性。

危険ではないウイルスの感染が広まっても、それは問題ではありません。

そういうアセスメントができないと、怖がりようもないし、対策しようもないです。

 

そして対策をするときは、新型コロナウイルスにだけ注目しても、バランスを欠きます。

 

「自分の安心」のために、他人の権利や幸せを、簡単に奪うもんじゃない

 

という常識。

これは、忘れずにいたいです。