オンライン購読誌「CHANGES」の未読記事の管理はグーグルキープを使う

オンライン購読誌「CHANGES」の未読記事の管理はグーグルキープを使う

珠玉のライフハック集として発行されているオンラインの雑誌に、『CHANGES』というものがあります。

名だたるライフハッカーの皆さまが執筆されていて、

僕は創刊時からずっと購読しています。

次は、どこから読めばいいんだっけ?

購読を続けていて困ったことがあって、

それは、「誰の、どの記事まで読んだのか」が分からなくなる、ということです。

 

「次は、どこから読めばいいんだっけ・・・?」と迷ううちに、

読書熱が冷めてしまい、時間もないし、読まなくてもまあいいか、

なんてなったらもったいないことです。

というか、そういう気持ちになったことが、何度もあります。

 

そこで、未読記事の管理に、グーグルキープというサービスを使うことにしました。

 

スポンサードリンク

グーグルキープ

グーグルキープとは、Googleが提供する無料サービスです。

パソコン上で、メモ用紙をたくさん保存できるようなイメージです。

実際には、メモ用紙だけでなく、音源や写真など、色々と保存できます。

 

このグーグルキープに、

「誰の記事を、どこまで読んだか」を管理していくことにしました。

 

 

『CHANGES』を読むときの手順

『CHANGES』の執筆陣は、5名。

5名それぞれのメモ用紙を作ります。

 

そこに、「次は、この記事から読み始める」という記事のリンクを貼り付けます。

 

リンクを貼り付けたメモ用紙は、一番下に移動させます。

 

そうすることで、どうなるかというと、

「次に読む時は、グーグルキープの一番上にあるメモ用紙の、リンクを開けばいい」

という状態にできるのです。

 

 

さいごに

Googleのサービスは、Gmailアカウントを作れば、すぐに使えます。

グーグルキープだけでなく、色々と無料サービスが使えるので、

もしアカウントがなければ、おひとつ作ってみてくださいね。