自分の人生を取り戻すためのリハビリ→ おいしいものを食べにいく

自分の人生を取り戻すためのリハビリ→ おいしいものを食べにいく

仕事が忙しく、

養う家族が多いと、

時間もお金も、「他人」のために使うことが多くなります。

 

いつしか僕の中では、

他人(職場や家族)のために自分の人生がある

という意識が当たり前になってきました。

 

それが、すべて間違っているわけではありません。

職場で活躍し、お客さんに喜んでいただくことは、幸せなことです。

家族と一緒にいることは、幸せの源泉です。

 

でも、自分だけの時間がないと、

自分が空っぽになっていくんですね。

 

 

そこで、

自分を取り戻すためのリハビリとして、

おいしいものを食べにいく

ということをしています。

 

だって、『孤独のグルメ』で、言っているじゃないですか。

社会にとらわれず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、人は自分勝手になり、自由になる

と。

 

 

釣りたてのお魚が、こんなにもおいしいものだと驚き、

工夫が凝らされたお肉が、こんなにもおいしいものだと驚き、

人生が少し変わり、自分のワガママに少し許可が出せた、

そんな居酒屋の時間でした。