発達障害の子がお友達と一緒の作業をできるようにする

発達障害の子がお友達と一緒の作業をできるようにする

発達障害の子にとって苦手なものに、

他人との協働作業があります。

 

自分だけでやる作業であれば、

自分のペース、マイペースで作業を進められます。

 

そこに他人が関わると、

自分だけのペースで進めるわけにはいきません。

 

荷物は自分だけで運ぶ

いいとこだけをグングン伸ばす子育て勉強会

に参加されている佐藤さんのおうちでは、

発達に凸凹のある長男さんが、

玄関に置いた荷物を、

家の中まで運んでくれました。

 

 

親が何も言わなくても「ぼくが運ぶ!」

と運んでくれたので、

とても嬉しいことです。

 

 

ただその後、

妹さんも「わたしも運ぶ!」と言った時、

長男さんは、譲れなかったのです。

 

 

きっと全部自分でやりたいという気持ちもあったと思います。

そのほかに、他人との協働作業が苦手ということもあるかもしれません。

 

スポンサードリンク

生きていくための協働作業

生きていく上では、

他人との協働作業は、避けられない課題です。

自分だけのペースではなく、

必ず相手のペースに合わせる場面が出てきます。

 

 

マイペース(自分のペース)から、

ユアペース(相手のペース)へ移る練習が必要なんですね。

 

 

例えば、保育園や幼稚園で行われる

集団で踊る♪

なんていうのも、

マイペースからユアペースへ移る学びが含まれています。

 

お手伝いを一緒にやる

日頃のお手伝いの中に、

協働作業ができるきっかけはあります。

 

お友達との協働作業が難しければ、

まずはおうちの中で、

お手伝いを一緒にやってみる

というのがいいですね。

 

きょうだいがいるのならば、

きょうだいで協働作業してもらうと、

いい育ちに結びつきます。