かつて西インドのブルキナファソで、大いに助けられた話

僕は独身の頃、よく海外旅行に行っていました。

そのうちの一つが、西アフリカのブルキナファソです。
海外青年協力隊で派遣された知り合い(の知り合い)を頼って、友人と2人で行きました。

ブルキナファソは、世界で下から2番目に貧しい国とのことです。

プジョーの原チャリ

ブルキナファソでは、移動手段としてレンタルバイクがあったので、僕らも借りることになりました。
プジョーというメーカーの原チャリです。

当時の僕は、バイクに乗るのが初めて。
緊張しながら走りました。

すると、しばらく走って突然、エンジンがかからなくなってしまったのです。

プジョーの原チャリは、自転車みたいなペダルが付いています。
そのペダルをこいでエンジンをかけます。

でも、かからない。

バイクの仕組みなんてわからない。
ありゃ、こまったな。

すると、近くにいた子どもたちが寄ってきて、なんかいろいろ試したりして、ライト近辺にある銅線をつなぎなおしてくれました。
そこの接触が悪かったみたいで、エンジンがかかったのです!

いやー、助かったな。

中学生くらいの子だったかな。
バイク乗ったことあるのかも分からないけど、なんで仕組みを知ってたんだろ。

お礼に、持っていたアメをあげて、感謝して走り去りました。

貴重品のウエストポーチ

ブルキナファソでは、もう一つ助かったエピソードがあります。

ある夜。
宿舎の近くの居酒屋に行きました。

鶏料理と生ピーナッツがすごくうまいんですね。

で、飲んだり食ったりしているうちに、ウエストポーチがきつくなってきました。

ちょっと外すか…

今から考えれば、バカなことをしたものです。
パスポートなどの貴重品を入れて、体にびったりくっつけていたウエストポーチを、外してしまったのです。

そして、外したことを忘れて立ち上がり、ウエストポーチを椅子に残して、そのまま宿に帰ってしまいました。

宿で異変に気づきます。

こりゃ、かなりやばい!
なんてったって、最貧国と言っていいくらいの国だ。
入ってる現金は当然のこと、パスポートだって盗られてしまうに違いない!

焦って、すぐ居酒屋に向かいました。

すると、ありましたよ。
預かってもらっていましたよ。
店員さんに。

中身もそのまま。

あ~~、助かった。

今から思い返すと、悪くすればとてもヤバい状況になっていた可能性のある事態に、現地の人に大いに助けられましたというお話でした。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA