複業と家族の幸せ

複業と家族の幸せ

ここ数ヶ月は、

急に仕事(本業)が立て込んできてまして、

職場を出るのが20時、21時という日が続きました。

そのようななかで、

障害児を育てるパパママのための

個人事業も展開していました。

 個人事業と本業と家族と

個人事業は、

僕の人生にとって大切なものであるし、

大事な時間を割いて受けてくださる方もいるので、

始めたからには力を注ぎます。

ただそうすると、

本業も、個人事業も、

どこか中途半端になってくるんですよね。

「もうちょっとできるはずだけど、切り上げないといけない」

その結果、あまり状況が良くならない。

 成果が出ないんです。

さらには、家族に対しても、

ぞんざいな関わりになってしまいます。

空き時間があれば、

スマホやパソコンとにらめっこ。

読む本は、ビジネス書ばかり。

障害のある我が子にできることが、

メキメキと減っていきました。

スポンサードリンク

生活スタイルを変える 

「う〜ん、ちょっと生活スタイルを変えようかな」

と思い立ち、

個人事業を控えるようにしました。

大事に育ててきた個人事業なので、

思いっきり後ろ髪を引かれましたが。

その代わり立ち上がってきたのが、

家族軸です。

本業も多忙が加速していく中、

空いた時間は家族のペースに合わせていきます。

子どもたちの、

「ここで、もうちょっと遊んで欲しい」

「スマホじゃなくて、今、できたことを見て欲しい」

「知らない世界に、連れて行って欲しい」

というような欲求に、細かく応えていくことができるようになりました。

細かく答えるというところが、ポイントなんだと思います。

細かく答えるためのスキマ時間は、

ビジネスのためではなく、子どものため、家族のために費やす。

今は、そういう時期なんだと思っています。

個人事業をあきらめたわけじゃない 

そうしながらも、

やはり自分にしかできないことで世の中を良くしていきたいので、

自分の深掘りと、ビジネスコンテンツの形作りは、

地道に継続していきたいと思います。