子ども新聞から学ぶウイルスからの被害と恩恵

子ども新聞から学ぶウイルスからの被害と恩恵

小学生の息子に読んでもらおうと、

子ども新聞をとりはじめました。

 

大人が読んでもけっこう面白いです。

今週の記事は、中国からの「黄砂」が取り上げられていました。

 

この黄砂、毎年人に被害をもたらしているし、

今年はかなりひどかったみたいですね。

 

中国発祥ということ、

人に被害を及ぼすということ、

これらは新型コロナウイルスに似てるな〜と

思ってしまいました。

 

すると次の記事の中で、

黄砂は人に恩恵もまたもたらすものとして、

紹介されていました。

 

これもまた、新型コロナウイルスに似ています。

 

 

ウイルスであれ、黄砂であれ、

人に被害をもたらしもすれば、恩恵ももたらします。

しかも、どちらも最近のことではなく、

ずっと昔から続いてることです。

 

 

被害の部分だけクローズアップして、

異常に恐れおののいて、

排除しようとしているのは、滑稽なことです。

 

 

子どもには、

人間は自然界の中に住んでいることや、

その中には色々なリスクがあれば、恩恵もあるんだよ、

ウイルスだって無いと、人間は生きられないんだよ、

ずっと昔から共存してきたし、これからもそうなんだよ、

ということを伝えようと思います。