貧困 | | 子どもたちと笑おう(^^)

Tagged
経済成長なき清貧思想。定常経済モデルはまだ信用できない
定常経済モデル、という提唱があります。 経済成長を目指すのではなく、成熟した経済社会を目指すというような言われ方です。 24時間企業戦士を求める社会にはさすがに愛想を尽かし、スローダウン、スローシフトで生きたい人が増えているんですね。     定常経済モデルという言葉には、不思議な魅力があります。 ...
〈問題〉のある子には、ゼロ・トレランスより、ゼロ・プアを訴えよう
大阪の市立校で、ゼロ・トレランス方式が検討され始めました。   子どもの問題行動に厳格な罰則を定める「ゼロ・トレランス方式」(ゼロトレ=寛容度ゼロ指導)と呼ばれる指導方針を、大阪市教委が市立学校に導入する検討を始めた。 ただ、暴力行為や服装違反などに対して出席停止や退学処分も辞さない教育手法には慎重論も根強く...
学力や退学で、生徒の質をコントロールすることをやめた学校がある。神奈川県クリエイティブスクール
小中学校の場合であれば、義務教育です。 私立を選ばなければ、住まいによって決められた校区に従って、通う学校が決まります。   生徒は学校を選べないのと同時に、学校も生徒を選べません。   さらに、小中学校は容易に生徒を退学させることもできず、どんな生徒でもなんとか踏みこたえ、卒業させることを目指しま...
子どもの学習支援によって、親も輝いてしまう
貧困世帯で不利な状況にあると、高校進学すら難しくなってしまいます。 そんな世帯の子ども向けに、学習会を開いている団体が増えてきました。 貴重なレポートも読めるようになってきました。 そこで、印象的な文章があります。 子どもはよく言いますけれども、学習教室で一番よかったことが、今までテストで6点ぐらいだったのがやっと10...