教育 | | 子どもたちと笑おう(^^)

Tagged
子どもと一緒に、ビジネスを考えて、実践していきたい
子どもの習い事をどうするかっていうのは、よくある悩みですよね。 子どもには、持てる才能を発揮して、楽しく、活躍できるようになってもらいたいからです。   ただ、習い事というと、「お金を払って、どこかへ行って、誰かに学ぶ」というスタイルが主流になります。 それもいいのですが、そうではなくて、「親と一緒にビジネス...
〈問題〉のある子には、ゼロ・トレランスより、ゼロ・プアを訴えよう
大阪の市立校で、ゼロ・トレランス方式が検討され始めました。   子どもの問題行動に厳格な罰則を定める「ゼロ・トレランス方式」(ゼロトレ=寛容度ゼロ指導)と呼ばれる指導方針を、大阪市教委が市立学校に導入する検討を始めた。 ただ、暴力行為や服装違反などに対して出席停止や退学処分も辞さない教育手法には慎重論も根強く...
学力や退学で、生徒の質をコントロールすることをやめた学校がある。神奈川県クリエイティブスクール
小中学校の場合であれば、義務教育です。 私立を選ばなければ、住まいによって決められた校区に従って、通う学校が決まります。   生徒は学校を選べないのと同時に、学校も生徒を選べません。   さらに、小中学校は容易に生徒を退学させることもできず、どんな生徒でもなんとか踏みこたえ、卒業させることを目指しま...
〈社会性(表現)の拙さ〉と、〈短歌〉の相性が、きっといいだろうとピンときたときの話
ある定時制高校で、短歌を詠む試みが、とてもうまくいったと本に書いてありました。 「あぁ、そうかもな。」とすぐに思いました。     育ち 定時制高校には、もちろん全員ではないですが、育ちの支え手が少ない状態で育った子が、けっこういるのではないかと思います。 育ちは、社会の一員になる過程ですから、それ...