リーダーのための表現セミナー4-8〜炭火のような熱量のMSPがコアになる〜

リーダーのための表現セミナー4-8〜炭火のような熱量のMSPがコアになる〜

ロバート・チャルディーニ『影響力の武器』。

どこかで聞いたことがある方も、実際に読んでみた方もいらっしゃると思います。

 

↓コレです

 

この本の中で、人間に影響を与える6つの武器が紹介されています。

  1. 返報性
  2. 一貫性
  3. 社会的証明
  4. 好意
  5. 権威
  6. 希少性

 

脳科学の進歩により、この6つについては検証されてきており、

最も影響力の大きい<武器>が分かっています。

それは、一貫性です。

 

『影響力の武器』の中では、セールスにおける一貫性の作用について触れられています。

「ちょっとよろしいですか?」のように、とても素朴で簡単な「はい」という返事をもらい、

「はい」で答えられる質問や投げかけを積み重ね、「はい」を続けてお客に言ってもらうと、

その一貫性によって、「この商品を購入されますか?」「はい」という契約に結びつくというお話です。

 

でもコミュニティを率いるリーダーが認識すべき一貫性という概念は、

それとは趣きが違ってきます。

 

リーダーが、信頼性・クレディビリティを獲得するために一貫性を保つべきなのは、MSPなのです。

MSPとは、価値観であり世界観です。コアにあるものです。

これがブレないことが重要なのです。

 

コミュニティは、MSPに共感したメンバーの集まりです。

世界観がつながっています。

そこは、居心地のいい、安心できる世界です。

もしMSPがコロコロ変わってしまうと、つながりが切れてしまい、安心できる場所ではなくなってしまうのです。

安心できなくなるというだけでなく、「裏切られた」というネガティブな感情さえ誘導してしまいます。

 

文章がうまいか下手か、

話し方が上手かそうでないか。

そういうことよりもまず、MSPがブレていないかどうかが重要なのです。

 

逆を言えば、ブレないMSPを見つけているかどうかが、

鍵になるということでもあります。

 

本当に熱意のあるもの。何があっても、揺るがないもの。

燃え上がるような情熱ではなくていいのです。

静かであっても、炭火のように、水がかかっても消えることのない、持続的な熱量の方が強いのです。

それもまさに、一貫性です。