富士通スキャナー「Scansnap s1500」がMacOSに非対応になったのでWindows機の復活

自宅のスキャナーは、

富士通のScansnapを愛用しています。

 

しかし!

そのScansnap s1500のドライバーが、

Macの最新OSに対応しなくなってしまいました。

 

これでは、スキャンができません。

最近買った、『幽遊白書』も自炊できません。

 

かと言って、

新しいスキャナーを買うのも、

金銭的につらいところです。

 

ということで、

しばらく眠っていたWindows機を、

復活させることにしました。

 

OSは、サポート切れのWindows7です。

セキュリティが怖いので、

スタンドアロンで使おうと思います。

 

 

MacBook Proを、

トリプルディスプレイで楽しんでいましたが、

 

 

MacBookのデュアルディスプレイ

Windowsのデスクトップ

です。

 

 

無事に、『幽遊白書』をスキャンできました。