映画や自分史に流れる、音楽と価値観

映画や自分史に流れる、音楽と価値観

「すばらしき映画音楽たち」という映画を見ました。

 

「映画にとっての音楽」という存在は、

「自分史にとっての価値観」という存在なのではないかと思いました。

バックグランドミュージックです。BGMです。

 

ストーリーを支えるように、

うしろで流れ続けるもの。

そこにはモチーフがあり、リズムがある。

味気ないシーンにも、感情を与える。

 

そういう視点でこの映画、

「すばらしき映画音楽たち」を観てみると、

またひとつ、自分史が愛おしくなります。