生き方を家庭シフトにして、しばらくしてから子どもとマジで遊べた

生き方を家庭シフトにして、しばらくしてから子どもとマジで遊べた

今年度に入ってから、

自分の生き方を、家庭シフトにしています。

 

最近気付いたのですが、

家庭シフトしてしばらく経ってから、

子どもと本気で遊べるようになった

のです。

 

 

それまでは、

子どもと遊んでいても、

どこか上の空のような気持ちがありました。

SNSを見たり、

スマホをいじったり、

タスクを消化したり、

隙を見計らって自分のことをやろうとしていました。

 

今でもその気持ちはあります。

でも、

最近はマジで子どもと遊ぶ時間がやってきたのです。

 

その時、子どもたちは、すごく楽しんで、喜んでくれます。

 

遊びの中でも、

子どもだけでは至らない領域があり、

大人がマジになることで、

いつもは見れない世界が見れるものです。

それがたとえ、鬼ごっこだとしても。

 

 

家庭シフトしても、

芯から家族のための時間を過ごすには、

しばらくリハビリが必要なんですね。