オープンリストを見直して鮮度をリフレッシュする

職場で、TaskChute2を使うようになったのですが、

オープンリストからメインリスト(TaskChute)への移行が、

うまくいきません。

 

その理由を考えてみました。

 

 

オープンリストの鮮度が信用できない

オープンリストに、タスクをどんどん追加していますが、

それがオープンリストに置いたままになってることが多いです。

 

また、最優先のタスクは、

ついTaskChuteへダイレクトに入れてしまい、

第2優先のタスクを、オープンリストに入れがちなんです。

だから、オープンリストは、あまり見向きしないツールになってしまっています。

 

当然、優先順位は最新ではないので、鮮度が落ちているのです。

 

 

スポンサードリンク

毎週1回はリフレッシュする

そこで、週に1回は、オープンリストをリフレッシュすることにしました。

 

鮮度を改めるので、まさにリフレッシュです。

 

第1〜3優先でつけているオープンリストは、

ほっとくとなにが最優先なのか分からなくなってしまいます。

つまり、鮮度が落ちるのです。

 

だから、優先順位を見直して、タスクリストをリフレッシュするのです。