小さい子連れで買い物するときに使うリストアプリ「Wunderlist」

小さい子連れで買い物するときに使うリストアプリ「Wunderlist」

小さい子どもを連れていると、

スーパーに買い物をしに行っても、

買い物だけに集中することはできません。

 

小さい子どもが、

品物をやたらに触ってしまわないか?

店内を駆け回ってしまわないか?

親から離れて迷子にならないか?

いろいろなことを気にかけながら、

買い物することになります。

 

そのような中で、

買ってくるべきものを、

漏らさずに買って帰ることなど、

不可能に近いのではないかと思います。

 

Wunderlist

そこで活躍するのが、

買い物リストアプリです。

 

・・・と言っても、

僕の場合はToDoリストのアプリを、

買い物リストとして使っています。

 

 

使っているアプリは、Wunderlistと言います。

無料です。

 

「Wunderlist」の使い方はいろいろありますが、

ここでは買い物リストとしての使い方に絞ります。

 

 

スポンサードリンク

「リスト」を新しく作る

「リスト」という機能を使って、

カテゴリーを作ることができます。

 

リストを作成しましょう。

 

 

家族と、買い物リストを共有する

Wunderlistの特徴は、

ToDoリストを共有できるということです。

無料で、ですよ!

 

僕は、かみさんと買い物リストを共有しています。

どちらかが買い物に行った時、

ついでに相手の買いたいものを、

買ってくることができるからです。

 

かみさんと共有している買い物リストと、

あくまでも自分専用の買い物リストと、

2つ作っています。

 

かみさんと共有しているのは、

共有用の買い物リストだけです。

(画像では、「買い物」という名前です)

 

これを見ながら買い物すれば、

小さい子どもの面倒を見ながらでも、

必要なものを忘れずに買ってくることができるんです。