【自分史】vol.94 クライアントの悩みは個別性が高いので、じっくり話を聞きたい

【自分史】vol.94 クライアントの悩みは個別性が高いので、じっくり話を聞きたい

障害児を育てる親御さんが、

何に悩んでおり、何を求めているのか、

ニーズを調査しています。

 

調査といっても、

インターネット上の情報を収集し、

分析しているくらいですが。

 

 

それでも分かるのが、

クライアントのニーズは、個別性が高い

ということです。

 

 

人それぞれ、置かれた状況が違うため、

個別性があるのは当然なのですが、

それにしても個別性が高いです。

 

 

ということは、

始めにじっくり、お話をお聞きすることに、

ますます価値があるということだと思います。

 

 

じっくりお話を聞いて、

個別の悩みやご希望をお聞きして、

何を求めていらっしゃるのかを、

共有したいと思います。

 

 

 

最初に、ボタンが掛け違ってしまうと、

その後もずっと「あれ?あれ?」という感覚が

否めなくなってしまうでしょうから。

それはけして、いい関係ではないですよね。

 

 


ノート3冊分の自分史を使って起業エンジンを見つけ「集める」のではなく「集まる存在」に変化させる起業エンジンメーカー阪井裕樹さんのブログサイトはこちら

『起業エンジン』のつくり方。
『起業エンジン』のつくり方。
short : https://goo.gl/VVCH8n
CATEGORY :
TAG :