【自分史】vol.68 複数の質問で、同じような答えを書いても、全然いい

【自分史】vol.68 複数の質問で、同じような答えを書いても、全然いい

自分史を書くための質問に答えていくと、

「あれ、これって前も書いた答えと

似てきちゃったな。

恥ずかしいから、別の答えを書こうかな。」

と思うことがあります。

 

 

でも、全然気にしなくていいんです。

だって、大事な価値観は、

いつも行動の判断基準になっているので、

その価値観にたどり着いてしまうのは、

何もおかしいことではありません。

 

むしろ、書き始めるスタート地点が違うことで、

別のエピソードや、想いが出てくることになり、

 

「だからわたしにとっては、

 これがものすごく大事なんだよな」

と、腑に落ちる経験ができるのです。

 

 

ここ、すごく重要です。

腑に落ちてこそ、

尽きない行動エネルギーの源泉になります。

 

 

だから、

以前と同じような内容を書くことになったとしても、

まっったくかまわずに書き続けましょうね。

 

 


ノート3冊分の自分史を使って起業エンジンを見つけ「集める」のではなく「集まる存在」に変化させる起業エンジンメーカー阪井裕樹さんのブログサイトはこちら

『起業エンジン』のつくり方。
『起業エンジン』のつくり方。
short : https://goo.gl/VVCH8n
CATEGORY :
TAG :