【自分史】vol.65 自分史の質問には、たくさん答えるほど、自分の本質に迫れる

【自分史】vol.65 自分史の質問には、たくさん答えるほど、自分の本質に迫れる

自分史を書く際には、

質問に答えるという形式になります。

 

 

その際には、

まず一問一答でいいと思います。

なぜなら、

一問一答くらいの気楽さでないと、

最後までたどり着けないからです。

 

 

とにかくちょっとでも言葉を出して、

そこからまた記憶が蘇ります。

記憶というのは、

芋づる式で出てくるものなのです。

 

 

 

でももう一歩踏み込むと、

一つの質問に対して、

数多く答えることをオススメします。

 

 

数多く答えようとすれば、

どうしても無理やり搾り出すことになります。

 

 

無理やり搾り出すので、

こんなこともどうか?

あんなこともどうか?

と、頭の隅にこびりついていた発想まで、

外に出すことになります。

 

 

そこでやっと出てきたものにこそ、

実は自分らしさが濃くなったものが、

含まれていることがあるのです。

 

 


ノート3冊分の自分史を使って起業エンジンを見つけ「集める」のではなく「集まる存在」に変化させる起業エンジンメーカー阪井裕樹さんのブログサイトはこちら

『起業エンジン』のつくり方。
『起業エンジン』のつくり方。
short : https://goo.gl/VVCH8n
CATEGORY :
TAG :