【自分史】vol.61 あなたの好きな海外の国は、理想の世界を反映しているかも!?

【自分史】vol.61 あなたの好きな海外の国は、理想の世界を反映しているかも!?

自分史コンサルタントさんに、

「なぜ、インドが好きなんですか?」

と問われました。

 

そう、僕はインドが好きなのです。

 

 

そこで僕が次のように答えました。

インドと言っても、ガンジス川のあるバラナシが好きです。
混沌とした世界観で、不思議な「生」がそこかしこにあり、「死」が身近にもあり、人と動物(牛)が並列に生活してて、多様性に溢れた世界があるんですよね。
(僕のイメージの)欧米のような、キレイな多様性ではなく、もっと汚くて、臭くて、でも生命感に溢れてる。今ココを、精いっぱい生きてる感じ。存在に緊張がない感じ。
良いも悪いも、キレイも汚いも、聖人も下僕も、あたりまえとしてそこにある。

ちょっと言葉遣いが荒いかもしれませんが、

このようなことを言いました。

 

 

これは、コンサルさんとのやりとりで出てきた言葉なのですが、

ここには、僕が理想と思う世界観が、

けっこう反映されていたんですよね。

 

 

さらに深掘りしていくうちに、

自分が求めている世界が、

浮かび上がってきました。

 

 

あなたが好きな国はどこですか?

それを、深めてみると、面白いかもしれません。

 

 


ノート3冊分の自分史を使って起業エンジンを見つけ「集める」のではなく「集まる存在」に変化させる起業エンジンメーカー阪井裕樹さんのブログサイトはこちら

『起業エンジン』のつくり方。
『起業エンジン』のつくり方。
short : https://goo.gl/VVCH8n
CATEGORY :
TAG :