【自分史】vol.54 時代ごとの目標を見直すことは、その時の役割を考え直すきっかけになる

【自分史】vol.54 時代ごとの目標を見直すことは、その時の役割を考え直すきっかけになる

小・中・高校生・・・

というように、

時代ごとに分けて自分史を書き、

時代ごとにどんな時代だったかをまとめる作業をしています。

 

 

コンサルタントの設問により、

当時の目標を書く段があるのですが、

目標を見直すことは、

当時に期待されていた役割を考え直すことになるんですよね。

 

 

そこでは、

「けっこう、役割にハマってたな」とか、

「やっぱり、あの役割は荷が重かったな」とか、

役割を基準に、自分を評価することができます。

 

 

そして、

役割を側そうする中でどのような苦悩があったのかを考えると、

そこに自分だけの価値観が浮かび上がってくるんです。

 

 


ノート3冊分の自分史を使って起業エンジンを見つけ「集める」のではなく「集まる存在」に変化させる起業エンジンメーカー阪井裕樹さんのブログサイトはこちら

『起業エンジン』のつくり方。
『起業エンジン』のつくり方。
short : https://goo.gl/VVCH8n
CATEGORY :
TAG :