【自分史】vol.46 細かく書こうとすればするほど、芋づる式に細かい記憶が引き寄せられる

【自分史】vol.46 細かく書こうとすればするほど、芋づる式に細かい記憶が引き寄せられる

記憶というのは、

芋づる式に出てきます。

 

記憶を細かく書くと、

その書いた記憶に引っ張られて、

さらに細かく記憶が掘り起こせます。

 

だからとにかく、

一文字でも書くことで、

それが二文字、四文字と増えていき、

自分史を形づくっていくのです。

 

 

 

それはぼんやりとした輪郭を、

明確化していく作業にもなります。

 

 

「あの頃、確か、あんなこと思ってたかな〜」

という程度のおぼろげな記憶が、

芋作る式に記憶を掘り起こしていくうちに、

「うん、そうだ!

俺は、これがやりたかったんだ!!」

という明確な価値観に変わっていくのです。

 

 

だからとにかく、

1日一文字でも書くことで、

確実に自分史が発達するのです。

 

 


ノート3冊分の自分史を使って起業エンジンを見つけ「集める」のではなく「集まる存在」に変化させる起業エンジンメーカー阪井裕樹さんのブログサイトはこちら

『起業エンジン』のつくり方。
『起業エンジン』のつくり方。
short : https://goo.gl/VVCH8n
CATEGORY :
TAG :