【自分史】vol.40 自分史のいいところは、コンサルタントに依存しないで済むところ

【自分史】vol.40 自分史のいいところは、コンサルタントに依存しないで済むところ

自分史のいいところは、

自分を理解するための材料や思考プロセスが、

手元の文章に残る

ということだと思います。

 

 

自己理解のためのコンサルティングの形はいろいろありますが、

自己理解のための材料や思考プロセスが、

コンサルタントの側にしかない場合もあります。

 

その場合、

自分の悩みの原因やこれからの方向性や生き方などが、

コンサルタントの力で明らかになったとしても、

あとでつまずいた時に、

再びコンサルタントを頼らざるを得ないのです。

 

 

もちろん、

つまずいた時のためにコンサルタントやコーチがいるんだ

という考え方も全然ありです。

 

 

ただ僕は、

それだとコンサルタントへの依存が強すぎてしまうと

思うのです。

 

 

その点、自分史であれば、

いつでも手元に判断材料や思考プロセスが残っています。

それをもとに、

また自分で理解を深めることができるし、

あえてコンサルタントへ相談してもいいわけです。

 

 


ノート3冊分の自分史を使って起業エンジンを見つけ「集める」のではなく「集まる存在」に変化させる起業エンジンメーカー阪井裕樹さんのブログサイトはこちら

『起業エンジン』のつくり方。
『起業エンジン』のつくり方。
short : https://goo.gl/VVCH8n
CATEGORY :
TAG :