【自分史】vol.20 各時代の最後に、「書いてみての所感」を書くことで、俯瞰する視点が手に入る

【自分史】vol.20 各時代の最後に、「書いてみての所感」を書くことで、俯瞰する視点が手に入る

自分史コンサルタントの阪井裕樹さんからは、

 

各時代を書き終わった時に、

「書いてみての所感」を書いてください。

 

という指示をもらっています。

 

 

それはまず、

阪井さんがコンサルティングするときの、

とっかかりにすることが第一目的です。

 

その他にも、

所感を書くということは、

その時代(小学生時代とか中学生時代とか)を、

俯瞰する視点を持つことになるので、

各時代の底流を流れている価値観や判断基準などを、

見つけやすくなるという効果もあります。

 

 


ノート3冊分の自分史を使って起業エンジンを見つけ「集める」のではなく「集まる存在」に変化させる起業エンジンメーカー阪井裕樹さんのブログサイトはこちら

『起業エンジン』のつくり方。
『起業エンジン』のつくり方。
short : https://goo.gl/VVCH8n
CATEGORY :
TAG :