子どもは、僕の存在を肯定してくれる

子どもは、僕の存在を肯定してくれる

子供と遊んでいると、

なんとも言えずリラックスすることが多々あります。

 

これって、なんでだろう?と思いました。

 

 

それはきっと、

僕の存在を肯定されているから

なんでしょうね。

 

 

例えば、仕事では、

常に評価の目でさらされています。

こいつは、使えるやつか、使えないやつか。

いい仕事をするのか、しないのか。

そのような目で同僚からも、お客さんからも、見られます。

 

それは、存在を脅(おびや)かされているとも言えます。

 

 

子供は、

僕の存在を疑っていません。

居て当たり前だと思っています。

頼って当たり前だと思っています。

僕も、

子供がいて当たり前だと思っています。

 

その心の融けあい具合が心地いいのです。

 

 

僕はきっと、

臆病な人間なのでしょう。

だからこそ、存在を肯定してくれる子供の相手が好きだし、

救われるのだと思います。

CATEGORY :
TAG :