集中力をコントロールするためには、「寝る」「単純作業をする」が有効です

集中力をコントロールするためには、「寝る」「単純作業をする」が有効です

「勤務時間内に、濃密で、高質な仕事をする」を合言葉として、仕事に望んでいます。

仕事も大事だし、家庭も大事だから、いい仕事をして、定時で上がるようにしていきたいんですよね。

 

「勤務時間内に、濃密で、高質な仕事をする」ためのキーワードとしては、集中力が筆頭に挙げられます。

 

集中力は、ずっと高く維持できるものではなく、波があります。

その波をうまくコントロールできると、生産性がぐんとあがります。

 

そこで今回は、集中力を回復するための2つの方法を書きたいと思います。

 

寝る

集中力の回復に一番いいのが、「寝る」ことです。

夜にぐっすり寝る時が、一番、回復します。

ちなみに、22:00〜翌2:00が睡眠のゴールデンタイムです。ここを逃さずに睡眠が取れる生活リズムを構築できると、短時間で、いい睡眠がとれることになります。効率のいい睡眠です。

 

それと、日中は、仮眠を取ることですね。

お昼ご飯を食べて、血液が胃に集中し、頭がボ〜ッとしてきたその時に、仮眠を取るとタイミング的にも一番いいと思います。

 

単純作業をする

日中に、寝るわけにはいかない時もあります。

仕事が多くて、寝る暇もないことだってあります。

そのような時は、頭を使わない単純作業を組み込みましょう。

 

デスクの整理でもいいです。掃除でもいいです。資料の仕分けでもいいです。

単純作業をすることで頭の働きを抑え、集中力の回復を図ります。

 

特に午後は、集中力が切れやすいので、「単純作業は、午後に回す」としてもいいと思います。

 

さいごに

頭脳をパソコンに例えると、

睡眠は、スリープモード。

単純作業は、セーブモード。

 

そうやって頭の働きをコントロールし、「勤務時間内に、濃密で、高質な仕事をする」ことを目指していきましょう。

TAG :